2017/09/16

apple watchで改札を通ってみた。【モバイルSuica】【apple pay】


こんにちは。

モバイルSuicaを使い一ヶ月ほど立ったので便利な点、不便な点をご紹介したいと思います。

最初に追加方法からです。


applewatchでSuicaカードを作ることはできないのでiPhone側から操作してSuicaカードを作ってあげます。 















新規か機種変更を選びます。
私は新規を選びました。













諸々の規約を読むなどして発行するとチャージ画面が現れます。
支払い方法はapplepayに追加されているクレジットカードか、ApplePayに対応していないカードでもSuicaにチャージするのは可能です。




終わるとこんな画面が出ます。
エクスプレスカードに設定することでスリープモードになっていても改札を通過したり、購入したりできます。

改札を通るときはこんな感じです。

京急横浜駅にて。

初めて通ったときにうまく反応せず、後ろの学生を困らせてしまったのですが調べてみると遠すぎるらしく、カードなんかより近くしなければならないみたいです。

かざすと時計側には書いてありますが、改札には基本的にはタッチすると書いてありますので私は限りなく近づけることで対策語100%改札を通れています。

ですが、自販機などでは一筋縄ではいかない様で呼び出しに時間がかかっているのか2秒くらい待たされることが何度かありました。

メリットは

・手ぶらで外出できてコンビニくらいならなにもいらない という点
・わざわざパスケースなどを取り出さなくともすぐに改札を通れる 

デメリットは

・少し決済に時間がかかることがある
・近づけ方によっては全く反応しない

などがあります

 全体としてこのSuicaのお陰で生活が変わったという感覚はないですが、コンビニや自動販売機ではほぼほぼSuicaを利用しているので煩わしい現金を取り出さずに決済できるので非常に良いです。